SMBCモビットの
借り方とは

借り方は簡単なほうがいい

昨今の消費者金融業界は法律の改正やCM効果によって怖い、ブラック企業というイメージから払拭されつつあります。

近年においては就職先としての人気も上昇中のようなので消費者金融業界の業務内容や労働条件を解説します。

業務内容ですが債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済が滞っている人に対し督促のお知らせを通知します。

就職に際して取得しておくべき資格はありませんが責任者に昇格するには「貸金業務取扱主任者」の資格を有していなければなりません。

気になる年収ですが大卒の初任給で20から30万円程度でノルマ達成などの成果を上げるとボーナスという形で評価されます。借り方も簡単なので利用しやすいですよね。

消費者金融は貸金業という法律がありますので銀行を規制する銀行法とはまた別の法律の適用となります。

金融業において貸金業法と銀行法が何が一番違うかというと貸金業法には総量規制があることです。

総量規制というのは、年収の三分の一を超える金額の融資を禁じているものでこの規制によって、利用者の借り過ぎを抑止する効果を目的としています。

そのため、専業主婦などは消費者金融に借り入れを申し込んでも仮審査の段階で却下されてしまいます。SMBCモビットの借り方でも同様、専業主婦は借りれないことでしょう。

その一方で、銀行は銀行法によって規制されているため総量規制はなく、専業主婦でも借りることができます。

金融業者各社の借入れの条件や金利などといったデータはネットにまとめられているランキングサイトを見れば一覧することが可能です。

消費者金融ごとにまとめて掲載しているサイトもありますし、一覧表にして分かりやすく表示しているサイトもあります。

個々の消費者金融についてメリットデメリット等わかりやすく紹介してくれているサイトもあるので消費者金融を初めて利用するという人でも、簡単に比較することができるのでとても便利です。

更に公式サイトへのリンクを貼っているサイトもありますからランキングサイトを見てすぐに手続きをすることができます。

又、消費者金融の一覧サイトの中には、審査に申し込む時の記入方法や審査に通るためのコツなどを教えてくれるサイトもありますので、是非ご利用ください。

近頃の消費者金融はCMなどを見てもとてもクリーンなイメージがありますがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と呼ばれ、堅気の世界ではない感じがしました。

その頃はバブル経済で金銭感覚がマヒした人たちが多く簡単にお金を貸してくれるサラ金で借金を繰り返すという人が続出しました。

借りたお金は利息をつけて返さなければならないのですが簡単に借金する人ほど借金を軽く考えているので返済能力は到底あるとは思えません。

一方で、貸した側のサラ金や街金は返済してもらわないと損益が出ますから当時はかなり暴力的な手段で取り立てを行っていたようです。

現在は乱暴な取り立ては法律で禁止されていますので以前のように反社会的集団的と思われる人が自宅に押しかけてきて取り立てるということはありませんのでご安心ください。

消費者金融のキャッシングと銀行のカードローンには違いがあります。

消費者金融のキャッシング、銀行カードローンそれぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

SMBCモビットの借り方

消費者金融のメリットといえばやはり審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比べると高金利なことや、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法というそれぞれ別の法律の規制がかけられているのですが貸金業法には総量規制と呼ばれる特別な規制がかかっています。

これは、個人の借り過ぎを防ぐために設定された規制で借り手の年収の1/3を超える借り入れを禁止した内容です。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保があるローンは除外されカードローンやキャッシングといった無担保ローンにだけ適用される規制となっています。

消費者金融は借りる時は簡単だけれど返済が遅れたら取り立てが凄いというイメージを持つ人は多いと思います。

SMBCモビットにも自動契約機があるので土日祝日でもキャッシング可能ですよ。

以前は、法律を無視した強引な取り立てが多かったのですが法律が改善されたことによってそのような悪質な取り立てが行われることはありません。

金利は銀行カードローンと比較すると高めですが提携ATMの数は銀行よりも消費者金融のほうが圧倒的に多いです。

借入れや返済に関してもコンビニなどで簡単に行えますしATM手数料が無料という消費者金融が多いですから銀行カードローンよりも便利です。

消費者金融にはレディースローンと呼ばれるものもあり、女性でも借りやすいと人気です。SMBCモビットも消費者金融ですが、女性の方にも選ばれているようです。

わりと簡単に借入可能と言われているのが消費者金融ですがその審査能力は目を見張るものがあります。

スマホなどWEB申込ができるのもSMBCモビットのメリットの一つですね。

SMBCモビットですが、色々な申込み方法が用意されています。

SMBCモビットの借り方には、パソコンやスマホ、電話や自動契約機などがあります。高齢者の人などは郵送やFAXなどを使う人もいるようです。

またSMBCモビットではweb完結といって店舗にいかなくてもすべての手続きがスピーディに完了する借り方も人気のようです。

参考:SMBCモビットの借り方は?借入の手順を解説【メリット・デメリット】

審査のハードルが高いとされる銀行SMBCモビットなどのカードローンですが、実は審査しているのは消費者金融業者なのです。

貸金業法が改正されたことによって大口融資ができなくなった消費者金融業者のほとんどは銀行グループの関連企業に参入しました。

一般的なイメージでは銀行の方が頭が良さそうだと思われていますが審査能力やシステムに関しては、比べ物にならないくらい消費者金融の方が数段上手(うわて)と言えます。

銀行業務は為替や証券、預金などの業務の一部として金融も行っているだけなので融資を本業とする消費者金融の方が、与信審査の専門性が格段に高いと言えます。

消費者金融のキャッシングは簡単に借り入れることができ好きな時にATMから返済できるので手軽に利用することができます。

しかし、カードローンはとても便利な一方で住宅ローンやマイカーローンなどといった大きなローンを組めなくなることが心配されます。

住宅ローンというものは数千万円を長期に渡って返済していくローンになりますのでローンを組む人は金銭的に安定していることが第一条件となるのです。

SMBCモビットのカードローンを利用し続けている人は常に借り入れをしていると判断され事前審査の段階で落とされてしまう確率が大きいのです。

完済していてもローンカードを持っているだけで審査に不利になりますから住宅ローンを組む場合にはカードローンは解約しておいたほうが良いと思います。

消費者金融のキャッシング審査は相対的に通りやすいとされているので審査に落ちる人には、必ずそれなりの理由や原因があると思います。

まず、過去に自己破産をした人や返済が滞った事がある人はブラックリストに入ってしまっている可能性があります。

消費者金融には貸金業法に基づいた総量規制があり年収の1/3を超える借入はできないという規則に引っかかってしまっている可能性もあります。

要は、年収300万円の人は100万円が限度額となり、その人がすでに50万円の借入している場合は新規のカードローンでは50万円が限度額となります。

又、複数の金融業者から融資を受けている人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも審査に通るのは難しいと言えるでしょう。

SMBCモビットなどの消費者金融というのは銀行と比較してお金を借りやすく数年前までは、本当に簡単な手続きで借りることができました。SMBCモビットの借り方は簡単なのでよかったです。

その頃は、現在のようにきちんとした法整備が確立していなかったため規定よりも高金利で借り入れていた人がたくさんいました。

これが、いわゆる過払い金というもので現在の規定で計算し、多く支払い過ぎた金利を意味します。

多く支払わされた過払い金は返還してもらう権利がありますが、過払い金の払い戻し請求には期限があるので注意が必要です。

完済した日から10年を経過すると時効になって請求権を失いますから身に覚えのある人は過払い金請求に長けてる法律相談事務所に相談しましょう。

(C) アコムマスターカードを作成してむじんくん快適